ヘルスカウンセリングレポート

ヘルスカウンセリングセミナーを受講して3年余、この度全過程をめでたく修了。
○十の手習いをよくぞ頑張ったと感慨しきり、と同時に、もっと早く、子育て真っ最中の時期に、このコミュニケーションスキルを習得していたかったと思うことばかりです。

セ ミナーで楽しく学んだ理論やスキルは、実は日常のあらゆる場面のコミュニケーションに応用できるもの。セミナーで得た情報はすぐに夫や子供、仕事場などで 実践、以前にも増した信頼が生まれたように思います。私だけ独り占めにするのはもったいないので、セミナーの裏話や間単にできるトレーニング法などを「ら いふパレット」にレポートしたいと思います。

コ ミュニケーションがうまくいかなくなると、相手のせいにしがちなもの。でも、このときに自分や相手の考え方の癖を知っておくだけで、苦手な人とのコミュニ ケーションがうまくいき、問題解決の糸口がつかめます。他人の偏った考え方は指摘できても自分の癖を自覚できにくいのは、実はその癖こそが自分だからで す。

まずは自分を知って自分が変われば、相手とのコミュニケーションが変化してきます。あんでぱんだんブログに随時配信していきますので、お楽しみに!

ヘルスカウンセリング体験レポートArchiveはこちらへ。
♪コミュニケーションの基本は「傾聴」と「受容」です。
♪傾聴=聞き上手になる!
♪聞き上手になる!
♪モンスターペアレント対策もまずは「傾聴」から
♪医療現場のコミュニケーションも「傾聴と受容」です!
♪幸せに生きるためにも「肯定心理学~傾聴と受容」です! あなたは今幸せですか?
♪子育ての主役は子供です!子供の異常に気づいたとき・・・
♪自律訓練をやってみましょう!
♪ヘルスカウンセリングにも「引き寄せの法則」

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

多重構造鍋でめざすウエルネスな人生|あんでぱんだん:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.triple-apfel.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。