Home > Archives > 2009年9月 Archive

2009年9月 Archive

2009/10月あんでぱんだんニュースレター

title.jpeg

VOL.1 発行:2009年10月1日あんでぱんだんニュースレター  編集:大村礼子

title3.png

これから秋が深まっていきますね!風邪など引かないように注意しましょう。

インフルエンザの予防と対策は万全に!
新型インフルエンザ流行の際、感染しないためにどのような予防策を行ったらいいのか。
感染してしまった場合どのようにしたらいいのか。
どう行動すればいいのか。
最後に自分でやらなければならないこと簡単に日常生活の中でできることをまとめておきます。

まずマスクの着用です。
感染してしまったら必ず正しくマスクを着用しましょう。
マスクと顔の間に隙間ができないようにマスクを顔にあてて鼻や頬のカーブに合わせて曲げるように着用します。
周囲に移さないことが第一です。
不織布性マスクでウイルスの拡散を防ぎます。
感染者は人ごみに行かない、逆に感染していない人も流行時は人ごみを避けましょう。

感染を予防する最も有効な手段は手洗いです。
また感染者も手洗いをすることにより周囲への感染を防ぐことができます。
手洗いはすればいいというものではありません。
正しい手洗いの方法を覚えて実践しましょう。
まず手と指を水で濡らします。
石鹸液を手に取り、手のひらでよく泡立てます。
手の甲を洗います。
指を組んでこするようにして指の間をきれいに洗います。
つめなどの指先まで注意して洗います。
両手首のあたりまできれいに洗います。
最後は流水できれいにすすぎましょう。

さらに新型インフルエンザの感染が広まるとライフラインがストップする可能性があります。
食料品や日用品、飲料水などを2週間分程そろえて置くのが望ましいです。
また本格的な流行時には外出も控えなければならず、学校も休校となり子供たちも自宅待機になります。
そのようなときにも長期間家の中で過ごせるような準備をしておくことも大切ですよ。
 
ichiban_ohada.jpeg

鏡を見て「私の今の本当の肌ってどんな肌なんだろう?」と疑問に思った時には、お尻の皮膚と比較してみましょう。お尻の皮膚は外気に触れることが少なく、紫外線の影響を最も受けにくいため、肌の中で最も老化しにくい場所なんです。顔はツルツルなのに、お尻がシワシワという方はいらっしゃらないと思います。また、普段から顔などと比較することで、目を覆ってしまいがちなお尻のたるみ予防にもなるんです。さっそく本来の肌を確認してみましょう!

ondo.jpeg

寒い日は、熱いお風呂で体ポカポカ。という方が多いと思いますが、寒くなり始めるこの時期、急激な温度変化は血圧を高くしてしまいます。高血圧になるとボーっとしてしまい転倒などの危険性があるため入浴時には注意が必要です。お湯の温度はぬるま湯程度に抑えて、長風呂は控えましょう。湯船から出る時はゆっくり立ち上がり体に負担をかけないような工夫が必要です。また、お風呂場と脱衣所の温度差が大きくならないように、あらかじめ脱衣所を温めておくのもよいでしょう。

diet.jpeg

ある食品のみを食べるダイエット方法(例えば、りんごダイエットなど)を実践した結果、ダイエット前と変わらない、もしくは体重が増えた、という方はいらっしゃいませんか?人間はある一定の期間同じ作業を繰り返すと『飽き』を感じ始めます。それは五感すべてに共通することです。同じ食品を食べることは味覚の他に視覚にも『飽き』を感じさせ、その『飽き』がストレスに変わるのです(特に緑黄色野菜や果物は色が鮮やかなものが多いので、視覚が感じるストレスが大きくなっていきます)。その結果、途中で挫折したり、食事で感じたストレスを発散するためにより多くの食事を取るようになってしまいます。食事ダイエットは過度の栄養摂取を控えることはもちろん重要ですが、食卓の彩りに注意するも大切ですよ。一人暮らしでなかなか品数が作れない方は、テーブルにお花を置いて雰囲気を変えてみるのも良いでしょう。

calendar.jpeg
  2009.10.jpg

message.jpeg

編集後記
26年間使い込んだ多層鍋QCの一セットをピッカピカにし、パーツを全交換して、昨年娘のお嫁入り道具に持たせました。小学生の頃からフライパンでケーキを焼くのが得意だった娘は、今秋からテヘランで、QCを味方に夫の健康管理に腕をふるう生活に入りました。到着早々のイランは現在ラマダン中で外食は夜しかできないため、さっそく市場で材料を調達して、もっぱら日本食を自炊しているとのことです。(娘夫婦は実は私の料理教室の教え子です!)
母娘2代に渡って活躍してくれる多層鍋QCとの出会いに感謝です。また、ヘルシークィーンクッキングを愛読してくださったお母様が娘さんの嫁入り道具に同じ鍋を買い求め、ヘルシークィーンクッキングのご注文を下さることにも感激。「我が家の文化は継承されている」と確信できる瞬間です!
愛用者や愛読者の皆さんとの30年近い交流で生まれたウエルネス情報を今月から発信していきます。
-----------------------------------------------------------------------

こぼれ話
食分野の仕事に携わって30年余り、専門は食べ物が口に入る前の「食品学」と口に入ってからの「栄養学」、但し、栄養士ではないので、成分表の数字に左右される栄養価計算は大嫌いです。料理は、子供のころから作ることも食べることも大好きで、調理師学校の研究室に勤務していたころ、TVに出ている大先生方から基礎を直伝で学びました。後はほとんど独学ですが、その環境にいたことで、本物の味を覚え、頭でレシピが書けるまで育ててもらえたと今でも感謝しています。
現代人が抱える健康問題や昨今社会問題になっている食の安全性を考えると、食べてはいけないものだらけの生活でストレスをためるより、食べたい物をおいしく腹八分目に頂いて、自分の免疫力を高める食生活をモットーにしています。そのためには、サプリメントの意味が理解できてからサプリメントの利用も肯定派になりました。日進月歩する栄養のことや健康について、らいふパレットで皆さんと一緒に考えてみましょう。

あんでぱんだんのHPに戻る

VOL.1 発行:2009年10月1日あんでぱんだんニュースレター  編集:大村礼子

美白を意識しよう

サプリメントは「何かに効く」と期待をしてしまいがちではありますが、実はお薬ではありません。
ですので、過剰な期待をしてはいけないのですが、やはり足りない栄養素を補うために摂取するので、それがあっていれば結果的に体調が良くなったり、肌が綺麗になったりすることもあります。
美白サプリメントでもそうですが、一ヶ月くらい飲んだからといって効果を期待してはいけません。
やはり美白をするためのアプローチはさまざまな角度から行って長い目で見ないと美白にはそう簡単になれません。サプリメントだけでは時間がかなりかかりますし、食生活や生活習慣の見直しもしなくては一生懸命サプリメントで美白を目指しても思ったような結果がでないことも大いに考えられます。
色々な種類がありますが、値段が結果を表しているわけではないようです。
含有量や成分、メーカーの製造過程などのさまざまな理由から値段設定がされていますので、値段にこだわる必要はないでしょう。
それよりも継続して決められた量を摂取できるかどうかの方が大事だと思います。
継続できなければ全く意味がありません。
仮に結果がでて途中でまた以前のような生活習慣などに戻ってしまうとはやり肌は正直ですからシミになってしまうことが考えられますので、せっかくの努力も無駄になってしまいますよね。
そうならないためにも美白を意識している人は普段から気を使い、将来の自分に残念な意味でため息が出るようなことにならないように努力しましょう。

Index of all entries

Home > Archives > 2009年9月 Archive

Calendar
« 2009 9
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22* 23 24 25 26
27 28 29 30      
Tag Cloud
Feeds

Return to page top