Home > こんなときどうする?お鍋編Q&A > | ブログ > オムレツや出し巻き卵が多重構造鍋でうまく焼けません。

オムレツや出し巻き卵が多重構造鍋でうまく焼けません。

 オムレツや出し巻き卵が多重構造鍋の底にこびりついてうまく焼けません。

 

A 多重構造鍋「8段活用焼く・卵料理」のポイントは3つです。

 

1.鍋を充分に温める

中火でふたをして鍋を充分に温めてから(水滴を落とすと玉状にコロコロと転がるようになったら)、鍋全体に油をひいて、卵液を流します。このときに卵液がジュッという音がするくらいまで鍋を温めてください。卵液を1滴落として音を確認するとよいですよ!

 

2.油の量は適度な量を充分に

無油調理ということで、極端に油を制限していると焼けません。卵料理は適度の油を必要とします。途中で油が足りなくなってもきれいに焼けません。油のつぎ足しが面倒なら、クレープのように卵液に油を混ぜるとよいでしょう。その場合も最初に鍋底に充分油をひいてください。

 

*卵は油ととても相性のよい食材です。テフロン加工等の鍋でまったく油を使わずに調理した目玉焼きやオムレツは、とても美味しいとはいえない、そこまでして食べたくない、と思います!→そんなときは茶碗蒸しや卵豆腐などの蒸し料理で卵を食べましょう。

 

3.鍋の汚れをとる

それでも、卵料理がうまく焼けない場合、考えられるのは鍋のお手入れです。鍋の汚れは完全に落ちていますか? 鍋の手入れが不十分で、鍋肌に汚れがこびりついていてもきれいに焼けません。毎回卵液が鍋の同じ部分にこびりつくようになったら、鍋肌を傷つけないスクラブ・バッズのような金属たわしでお手入れしてくださいね。

 

 

■私の裏技

8段活用焼く・卵料理」の場合、無油調理が特徴の多重構造鍋といえども「卵には油はカットできない」とわかっているので、油を怖がらずに使っています。鍋が温まったら最初の油は少し大胆に入れて鍋を回し、鍋底全体になじませます。鍋底に残った余分な油は卵液に加えます。このとき卵液がジュッと音がして少し固まったようになるのですが、気にせずかき混ぜて調理します。後はキッチンペーパー等で鍋底に油がなじんでいる状態に「足し油」をして卵液を流します。オムレツ、出し巻き卵、かに玉もこの方法で焼いています。

 

多重構造鍋を普通鍋のように使っていてはモッタイナイ・・・、多重構造鍋の使い方をマスターして簡単・ヘルシー・スピーディーなダイエットメニューを実現してください!

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.triple-apfel.com/mt/mt-tb.cgi/33
Listed below are links to weblogs that reference
オムレツや出し巻き卵が多重構造鍋でうまく焼けません。 from あんでぱんだんニュースレター

Home > こんなときどうする?お鍋編Q&A > | ブログ > オムレツや出し巻き卵が多重構造鍋でうまく焼けません。

Calendar
« 2009 10 »
S M T W T F S
        1* 2 3
4 5 6 7 8 9 10*****
11******** 12* 13 14****** 15 16 17
18********* 19 20 21* 22* 23 24
25 26 27 28 29 30* 31
Tag Cloud
Feeds

Return to page top