Home > ブログ > 多層鍋の"ほうれん草炒め"はどうして鍋を温めないの?

多層鍋の"ほうれん草炒め"はどうして鍋を温めないの?

  • Posted by: apfel
  • 2009年10月11日 19:00
  • ブログ

Q 多重構造鍋の炒め物で、青菜炒めや上海焼きそばは炒め物なのにどうして鍋を温めなくてもよいのでしょうか?

 

A 多重構造鍋をで作る炒め物の中で肉や野菜などの材料を混ぜてしまうタイプの炒め物、野菜炒めや焼きそば、焼飯などは脂肪分のある肉を一番下に(脂肪のない赤み肉やえびやいかなどの材料のときは、鍋に薄く油をひいて)、火の通りにくい材料から順に入れ、ふたをして中火~弱火で炒めるだけで、肉の脂肪分を利用した炒め物ができます。このとき少量の油を材料の上からふりかけると、さらにつやとコクが出ておいしく仕上がります。但し、肉に焼き色をつけたいときや、だまになりやすい挽き肉の場合は鍋を温め、肉を先に炒めましょう。

 

多重構造鍋の「8段活用・炒める」の大きな特徴は炒め物もふたをして調理することです。少量の油(脂)でも蒸し炒めできてしまうので、大幅にカロリーカットできてとってもヘルシーなダイエットメニューになります。

 

多重構造鍋を普通鍋のように使っていてはモッタイナイ・・・、多重構造鍋の使い方をマスターして簡単・ヘルシー・スピーディーなダイエットメニューを実現してください!

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.triple-apfel.com/mt/mt-tb.cgi/37
Listed below are links to weblogs that reference
多層鍋の"ほうれん草炒め"はどうして鍋を温めないの? from あんでぱんだんニュースレター

Home > ブログ > 多層鍋の"ほうれん草炒め"はどうして鍋を温めないの?

Calendar
« 2009 10 »
S M T W T F S
        1* 2 3
4 5 6 7 8 9 10*****
11******** 12* 13 14****** 15 16 17
18********* 19 20 21* 22* 23 24
25 26 27 28 29 30* 31
Tag Cloud
Feeds

Return to page top