Home > こぼれ話 > | ブログ > | 雑感 > もう一つのプロフィール

もう一つのプロフィール

 私生活では、私の大きな役割は黒子です。年子の子供たちが小学校~中学校時代に「児童劇団」に所属していたこともあり、年に数度の舞台(ミュージカル~日本舞踊まで幅広いジャンル)で裏方を務めました。裏方としての母親の役目は、衣装やメークはもちろん私設マネージャーのようなものでした。そのおかげでステージメークだけではなく、ヘアメイクや着物の着付け等々何でもできるようになりました。(今でも自分のメイクより、他人様のメイクや着付けのほうが得意です。)今から考えると、子供の顔を思う存分メークして、(直前まで親子喧嘩していても)中学生にもなった男の子と思う存分スキンシップできる母親としては至福の時間でしたね!子供たちは達成感を思う存分経験できたこと、スマートな表現力を体得できたことが後の人生に大いに役立っているのも嬉しいことです!!

 子供たちが児童劇団を卒業してからは、芝居に一番近い音楽、ブラックゴスペルのスクールを友人と立ち上げ、その事務局としてワークショップを主催したり、クワイア活動を続けました。おかげで日本ゴスペル界の第一人者ラニー・ラッカーさんや世界的に有名なゴスペルシンガーネイサン・ベストさんたちの指導を受けたり、同じステージを経験することができました。教会や大阪市内の主だったホールだけでなく新旧両方のブルーノートでLIVEができたことも、スポニチ主催の第1回GOSPEL AWARDSで最優秀賞をもらったことも、老健施設やホスピスの慰問コンサートで喜んでいただけたことも、すべて世界の共通言語「歌」を通して得られた幸せな時間です。ここでも私はクワイアの黒子でした。

Love Purser blog.JPG

 

GCS blog.JPG 

 夫や家族に支えられ、子供たちといっしょに楽しんできた演劇や音楽の世界ですが、クワイアの中心だった子供たちや主要メンバーが社会人になって、大きな活動は休止中です。でも、私世代の有志が、今でも月に1回ですが、「お鍋のクッキング+ゴスペル」を楽しんでくださっています。美味しいものをいただいて、お腹から声を出すととても気持ちがいいですよ。

 ずっと仕事を持っていたので、子供たちに寂しい思いをさせたこともあったし、夫や祖父母の協力があったからこそ続けてこられた子供たちとの共同作業ですが、親ができる唯一のこと、子供たちに最善の環境を用意することには努力を惜しまずにきたように思います。

 大学を卒業してからずっと食の分野の仕事をしてきた私が、むしろ音楽は不得手な私が、「何故音楽活動をするの?」と、不思議がられるのですが、私の中では「食」も「芝居」も「音楽」も「ウエルネスな生活」の中の「必需品」なのだと思います。時には表方として、時には黒子の立場で、これからも体力と興味があるかぎり楽しみ続けます!

 もう一つの楽しみは「旅行」です。現在娘夫婦が9月からイランの首都テヘランに赴任しています。新居も決まり、娘と共に海を渡った「多重構造鍋」の出番がようやくきたようです。まったく異文化の国なので、娘たちがいる間に一度は是非「イスラムの国」を訪れてみたいと、スカーフを用意して楽しみにしています。

「ルーサリーな日々」ブログはこちら

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.triple-apfel.com/mt/mt-tb.cgi/43
Listed below are links to weblogs that reference
もう一つのプロフィール from あんでぱんだんニュースレター

Home > こぼれ話 > | ブログ > | 雑感 > もう一つのプロフィール

Calendar
« 2009 10 »
S M T W T F S
        1* 2 3
4 5 6 7 8 9 10*****
11******** 12* 13 14****** 15 16 17
18********* 19 20 21* 22* 23 24
25 26 27 28 29 30* 31
Tag Cloud
Feeds

Return to page top