Home > ブログ > | 多重構造鍋クッキングポイント > | 最強のダイエットメニュー > 多重構造鍋の決め手は火加減です。

多重構造鍋の決め手は火加減です。

多重構造鍋の使い方で基本になるのは中火で加熱スタートです。多重構造鍋QCWは熱伝導率が高いため、最小限の熱量が最大限に生かされるので、強火の必要がないのです。

調理は、まずどんな場合でも、ふたをして中火から加熱していきます。鍋が充分熱くなったり、沸騰したら弱火かとろ火にします。ただし、中火、弱火、とろ火の火加減は、ガスの種類やレンジの大きさで熱量は違ってきます。使いながら多重構造鍋にあった火加減を自宅のコンロでマスターしてくださいね。電磁調理器・インダクションレンジなら、加熱温度を絶妙に調節できて、一定の温度で料理したい天ぷらや、ケーキ、パンなどにとても便利ですよ。

 

      調理の火加減

  • 強  火...使いません。 
  • 中  火...鍋の底に炎の先端がつく程度の火加減 →加熱はじめに使います。 
  • 中火弱...中火にして、気持ち弱くする感じ→料理の仕上げ使います。(水分をとばす・照りをつける
  •              ・焼き色をつける etc.
  • 弱   火...ガス台から炎の先がチラと出ている火加減→からだき状態(充分に熱く)なったら、
  •            あるいは、水封現象(蒸気が出始めたら)ができあがったら使います。 
  • とろ火...チロチロとしていてフッと吹くと消える感じの炎→からだき状態(充分に熱く)なったら、
  •            あるいは、 水封現象(蒸気が出始めたら)ができあがったら使います。

 

      揚げ物は中火~弱火の間の火加減を調節しながら揚げます。

      天然ガスや、ワンタッチの卓上コンロ等、火加減が難しい場合は、ガス台と多重構造鍋の間に、餅焼き網などの金網を1枚はさんで火加減を調節してください。

 

 

QCW hikagen p blog.png 

 

 多重構造鍋を普通鍋のように使っていてはもったいない・・・、多重構造鍋の使い方をマスターしましょう!

Comments:2

pietre 2016年10月 4日 20:25

Levitra FAQ: pietre mortuare Didn't Work for Me, Will Levitra?

Richard 2016年12月 1日 17:58

Aw, this was a very nice post. In thought I want to put in writing like this moreover taking time and actual effort to make an excellent article but what can I say I procrastinate alot and not at all seem to get something done.

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.triple-apfel.com/mt/mt-tb.cgi/45
Listed below are links to weblogs that reference
多重構造鍋の決め手は火加減です。 from あんでぱんだんニュースレター

Home > ブログ > | 多重構造鍋クッキングポイント > | 最強のダイエットメニュー > 多重構造鍋の決め手は火加減です。

Calendar
« 2009 10 »
S M T W T F S
        1* 2 3
4 5 6 7 8 9 10*****
11******** 12* 13 14****** 15 16 17
18********* 19 20 21* 22* 23 24
25 26 27 28 29 30* 31
Tag Cloud
Feeds

Return to page top