Home > ブログ > | マルチクッキング > | 最強のダイエットメニュー > 多重構造鍋で焼き野菜

多重構造鍋で焼き野菜

Let 多重構造鍋で"マルチクッキング" 
 使い方をマスターすれば、多重構造鍋はあなたの強力な味方です。中でも多重構造鍋ならではの真骨頂、ひとつのお鍋の中でいくつも調理法が同時にできるマルチクッキング、季節の野菜をグリルしながら、あいたところにウインナーやベーコン等も入れたら、カンタンバーベキューも楽しめます。

=焼き野菜=
yakiyasai2.-blogJPG.JPG オーブン焼きのできる多重構造鍋を使って季節の野菜を「グリル焼き」しましょう。野菜のグリルはイタリア料理でよくやる手法ですが、野菜をグリルで焼くと、味が凝縮して、調味料などを使わなくてもおいしさが出てきます。グリルの中が高温になるので短時間で焼け、しかも野菜の水分だけが蒸発してビタミンなどは残るので、栄養的に考えてもいい調理法です。しかもふたをして焼く多重構造鍋は、オーブン等で焼くよりもっと野菜の中の水分を封じ込められますので、グリル焼きの焼き野菜よりとてもジューシーです。健康にいい季節の野菜がたっぷり食べられ、カロリーも低く、しかも手間いらず。夏バテした身体に、ビタミン補給に是非おすすめしたい調理法です。

<材料>
yakiyasai 
1-blog.JPGなすび、かぼちゃ、ゆでとうもろこし、生しいたけ、えりんぎ、グリーンアスパラガス、ししとう、ピーマン、キャベツ、ながいも、おくら、さつま芋、れんこん、ゆでたけのこ 季節の野菜etc.
*採りたてのたけのこやとうもろこしなら生のままで。
*冬なら白菜がおすすめ。

からし醤油
ポン酢醤油
ごまだれ
塩&レモン等
塩、オリーブ油

<作りかた>
①野菜は食べやすい大きさに切る。(ゆでたけのこは半分に、キャベツは芯をつけたままくし形に4等分。アスパラガスは根元の皮をむき、2~3等分、しいたけは石づきをとる。
②大フライパンにクッキングペーパーを敷き、中火で温め、①の野菜を入れ、ふたをして焼く。焼き色がつけば裏返し、弱火~中火で両面を焼く。焦がさないように注意する。
③からし醤油等好みの味でいただく。
*カロリー制限の必要がなければ、野菜の上から塩とオリーブ油少々をふりかけて焼いてもおいしいです。

 多重構造鍋は調理法によってお鍋をかえる必要がありません。どの種類のお鍋を使っても"8段活用"がすべてできます。たく、蒸す、焼く、揚げる、ゆでる、炒める、煮る、そしてオーブン料理とどの種類のお鍋を使っても大活躍してくれます。多重構造鍋に限られた使い方はありません。あなたの使い方次第で120%利用価値がありです。材料の分量によって鍋を選んで使ってください。多重構造鍋を普通鍋ように使っていてはモッタイナイ! 多重構造鍋の使い方をマスターして、カンタン、ヘルシー、スピーディに、毎日の献立作りにお役立てください。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.triple-apfel.com/mt/mt-tb.cgi/180
Listed below are links to weblogs that reference
多重構造鍋で焼き野菜 from あんでぱんだんニュースレター

Home > ブログ > | マルチクッキング > | 最強のダイエットメニュー > 多重構造鍋で焼き野菜

Calendar
« 2010 10 »
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Tag Cloud
Feeds

Return to page top