Home > ブログ > サプリメント Archive

サプリメント Archive

多重構造鍋とプロテインで平成の栄養失調を防ぎましょう!

 先月NHKの「ためしてガッテン!」で現代病ともいえる「平成の栄養失調の恐怖」を特集していました。飽食時代ともいえる日本で、戦中戦後のように栄養失調になってしまうえているという番組でした。たんぱく質不足が原因の「低栄養」です。不景気原因ではなく、栄養使っているも、3きちんとべているも、でも「低栄養」になってしまう危険があるという内容でした。しかも、平成栄養失調ともえる「低栄養」は、体型食欲では判断できず、「貧血」、「脳出血」、「肺炎」、「骨折」などの病気こしてしまう、深刻状態なのです。

 

meat-fish-egg-v.jpg=いったい「低栄養」とはなのか?=

低栄養とはたんぱく質不足!です。

低栄養かどうかは血液中の「アルブミン」という成分判断されます。(アルブミンとはたんぱく一種で、血液れている血清たんぱくのおよそ6めています。)血中アルブミンが3.5g/dl以下低栄養、3.8g/dl以下低栄養予備群に分類されます。つまり低栄養とは「たんぱく質不足」のことなのです。

たんぱくのさまざまな組織をつくる材料になります。そのため不足すると、

・赤血球材料ない貧血

・血管材料ない脳出血

・免疫細胞材料ない肺炎」「結核

・筋肉材料ない転倒骨折」 etc.

たんぱく質不足による低栄養はこのようにさまざまな病気につながってしまうのです。

 

=「低栄養」をこす原因

日本人の食生活は、戦後まもないまでは伝統的日本食、「ごはん・みそ汁・漬物・煮物・魚」中心でした。しかし、これでは十分なたんぱく摂取できていず、当時結核肺炎脳出血くなるかったのです。

そのため、栄養改善活動まり、調理するような「フライパン運動」や「キッチンカー」を使った洋食紹介などがめられました。日本人食卓洋食々にえていきます。こうした栄養改善成果もあって、伝統的日本食など々の洋食わって、必要なたんぱくがとれるようになり、結核肺炎脳出血死者激減日本世界一長寿国になっていきました。いわば、「たんぱく充実長寿った!?」ともいえるわけです。

 

=高齢者低栄養になる理由=

今回の番組では、3食食べていても、高齢者の単身者に低栄養が多いという内容でした。番組で紹介された低栄養になってしまった人の中から、Aさんの例を紹介してみます。Aさん(東京都在住、女性、87才、数年前からよくぶようになり、昨年階段からちて骨折、検査の結果低栄養が原因と判明)は食欲おうせいで3きちんとべていました。しかし、食事内容てみるとべているものの、は1週間一度べていませんでした。でもAさんはしていなわけではありません。ではなぜってしまったのでしょうか?Aさんも以前べていました。それは息子のために栄養みをえて、毎日料理をした結果でした。ところがひとりらしになってからは、自分きなしかべなくなりました。さらに、健康のため野菜などをすすめる健康情報もあふれるようになっていきます。その結果きでもいでもなかった食卓ばなくなってしまい、がつかないうちにたんぱく質不足になってしまったのです。

ある調査によると、低栄養だった124人中、112がひとりらしか、高齢者世帯でした。高齢者孤食が「低栄養」の危険くするとのことです。

 

=若年者の低栄養も問題です=

NHKの今回のたんぱく質不足は高齢者を対象にした調査でした。しかし、このようなたんぱく質不足による低栄養は実は高齢者に限らないことに、現代の日本人がかかえる大きな問題があると思います。健康情報が氾濫し、過激なダイエットブームや間違った菜食主義など、飽食の時代でいつでも、どこでも、何でも口に入る時代なのに、身体に必要な良質のたんぱく質が不足している現象が年齢を問わずあらわれています。

 成長期の子供や、とりわけこれから結婚して出産の可能性がある若い女性には、良質のたんぱく質を3食とってもらいたいと思います。そのためには、カンタン・ヘルシー・スピーディーに調理できる多重構造鍋で朝から手作り献立を食べてほしいのですが、どうしても忙しいのなら、平成の栄養失調にならないためにサプリメントの「プロテイン」で補う工夫もしてほしいなと、我が家の子供たちにもいつもメッセージを伝えています。

 多重構造鍋は栄養価を逃さず、食品の持ち味をいかした栄養豊かでおいしい料理が簡単にできます。多重構造鍋で作る"最強のダイエットメニューArchive"はこちらへ!

美白を意識しよう

サプリメントは「何かに効く」と期待をしてしまいがちではありますが、実はお薬ではありません。
ですので、過剰な期待をしてはいけないのですが、やはり足りない栄養素を補うために摂取するので、それがあっていれば結果的に体調が良くなったり、肌が綺麗になったりすることもあります。
美白サプリメントでもそうですが、一ヶ月くらい飲んだからといって効果を期待してはいけません。
やはり美白をするためのアプローチはさまざまな角度から行って長い目で見ないと美白にはそう簡単になれません。サプリメントだけでは時間がかなりかかりますし、食生活や生活習慣の見直しもしなくては一生懸命サプリメントで美白を目指しても思ったような結果がでないことも大いに考えられます。
色々な種類がありますが、値段が結果を表しているわけではないようです。
含有量や成分、メーカーの製造過程などのさまざまな理由から値段設定がされていますので、値段にこだわる必要はないでしょう。
それよりも継続して決められた量を摂取できるかどうかの方が大事だと思います。
継続できなければ全く意味がありません。
仮に結果がでて途中でまた以前のような生活習慣などに戻ってしまうとはやり肌は正直ですからシミになってしまうことが考えられますので、せっかくの努力も無駄になってしまいますよね。
そうならないためにも美白を意識している人は普段から気を使い、将来の自分に残念な意味でため息が出るようなことにならないように努力しましょう。

Index of all entries

Home > ブログ > サプリメント Archive

Tag Cloud
Feeds

Return to page top