Home > ブログ > 知っ得情報!美容編 Archive

知っ得情報!美容編 Archive

夏場の肌対策、飲むコラーゲンは効く?

 皮膚の真皮層の70%を占め、肌の水分や弾力を保つ働きがあるコラーゲンは、血液中のアミノン酸を材料に、線維芽細胞で作られます。骨、内臓や皮膚、 髪、爪を含めて、体内の細胞を作るたんぱく質の30%がコラーゲンだと言われています。
  medicine2.jpgしかし、いくら飲んだり食べたりしてコラーゲンを口から摂取しても、胃や腸などの消化管でアミノ酸やペプチドに なって分解吸収されるので、口から入れたコラーゲンがそのまま「真皮」などに移動して肌に潤いを与えるというわけではありません。「コラーゲンを飲んだ ら、コラーゲンを作る成分ができた」という報告はあるそうですが、確実に美容効果があるというレベルの臨床データではないようです。残念ながら、「コラーゲンをたくさん食べて 「肌プルプル」は幻想!?」にも書いたように、理論的にはコラーゲンをたくさん食べたら直接お肌がぷるぷるになるということではなさそうですが、 原料の補給にはなるでしょう。基本は良質のたんぱく質とビタミンやミネラルをバランスよく食べて、体内でコラーゲンを作り、いつまでもお肌がぷるぷるに保 てるような食生活を心がけることが肝要だということですよね。
 むしろ、夏場の肌対策として大切なのは、紫外線に肌をさらさずに、コラーゲンにダ メージを与える活性酸素を体内で増やさないことです。紫外線や活性酸素はコラーゲンの中のアミノ酸を分解しにくくし、古いコラーゲンがたまり、肌の弾力が 失われてしまうからです。
 夏期の真昼の外出には、長袖を着用し、帽子や日傘で紫外線を避けることが大切です。活性酸素はストレスが多い生活や過 激な運動がもとで生じます。日ごろの食事では、しみの原因になるメラニン色素を抑制するビタミンCの摂取を心がけてください。また、コラーゲンで肌の張り を保つにはビタミンCが必要です。
ビタミンCは水溶性ビタミンなので、一日2000~3000㎎を日に何度にも分けてとり、常にビタミンCを維持 する「キープC」を目指すのが重要です。食事で摂るのが難しい日には「プロテイン」に「アセロラC」 や「ビタミンCプラス」などのサプリメントを活用するのも賢明な方法ですね。    
 多重構造鍋は調理法に よってお鍋をかえる必要がありません。どの種類のお鍋を使っても"8段活用"がすべてできます。たく、蒸す、焼く、揚げる、ゆでる、炒める、煮る、そして オーブン料理とどの種類のお鍋を使っても大活躍してくれます。多重構造鍋に限られた使い方はありません。あなたの使い方次第で120%利用価値がありで す。材料の分量によって鍋を選んで使ってください。忙しい朝にも大ソースパン一つでこんなに簡単に子供さんの通学弁当が調理できます。使い方をマスターす れば、多重構造鍋はあなたの強力な味方となるのです。中でも多重構造鍋ならではの真骨頂、ひとつのお鍋の中でいくつも調理法が同時にできるマルチクッキン グをご紹介します。

女性の敵"シミ"対策:紫外線から肌を守ろう!

 美しい肌を守るために女性が一番気にしているのが、毎日の「美白ケア」です。陽射しは季節に関係なく降り注いで肌に影響を与えています。夏になれば日焼け対策をおこたらない人も、陽射しに映える新緑の季節は油断している人も多いかと思いますが、紫外線対策が一番必要なのは紫外線が強いこれからの季節です。気がつけば「シミやソバカスが次々に増えていった!」「だんだん濃くなる・・・」ということにならないように、シミ対策について考えてみましょう。     

  biyou.jpg  シミの原因は、余分なメラニンです。メラニンは紫外線などの刺激で、「チロシナーゼ」と呼ばれる酵素が活性化して、肌の中でメラニンをどんどん作りだしてしまいます。メラニンは通常ならば肌の代謝サイクルによって、体外に押し出されるのですが、紫外線などの刺激を受けると、メラニンが過剰に作りだされて代謝が追い付かなくなり、肌の外に排出されずにシミとなって残ってしまいます。   

 また紫外線以外にも、体調の変化やホルモンのバランスの乱れによって、お肌に影響を与えることもあります。お肌を健康に保つためには、朝晩の美白ケアはもちろんのことですが、食生活にも気をつけて、良質のたんぱく質をはじめ、ビタミン・ミネラルなどのバランスの良い食事を心がけ、充分な睡眠をとることが大切です。適切なスキンケアと健康な身体が陽射しに負けない美しい肌を作りだしてくれるのです。       

 日焼けによるシミ・ソバカスの根本原因は紫外線によるメラニンの過剰生成。メラニン生成を3段階で防いでくれる優れた美白システムのホワイティシアは、①紫外線を防いで、②メラニンの生成を抑え、③紫外線を受けてうるおいを失った肌を整え、美白しながら透き通った肌に導いてくれます。そして忙しい日々でも多重構造鍋を使えばカンタン、ヘルシー、スピーディーにバランスのよいメニューが手作りできます。

コラーゲンをたくさん食べて「肌プルプル」は幻想!?

 コラーゲンを食べるとお肌がプルプルになるという宣伝文句のもとに、いろんな食品が出回っています。年をとるとコラーゲンは減ってくるので、特に女性の関心が高いコラーゲンですが、コラーゲンをたくさん食べたら本当にプルプル肌になるいのでしょうか?   

  suppon2.jpg  「お肌にいい」「関節の痛みが治まる」などと宣伝されているコラーゲンはたんぱく質の一種で、ヒトでは全タンパク質の約3割を占めています。コラーゲンは皮膚や骨、腱、血管などの身体のほとんどにあり、臓器を形作ったり、細胞の足場になったりします。コラーゲンの分子は、右巻きの三重らせん構造です。らせんの一本一本はアミノ酸が多数つながった「ポリペプチド鎖」で、構成するアミノ酸の違いにより、20種類以上のコラーゲンがあります。体の全コラーゲンの4割は皮膚に、2割は骨や軟骨にあります。皮膚ではコラーゲン分子が束になってコラーゲン原線維に、さらに原線維が束になりコラーゲン線維となって、表皮の下の真皮を網目状に埋め尽くして皮膚の弾力を保ち、骨ではミネラルと結びついて強度を保っています。  

 真皮のコラーゲンは紫外線や加齢によって変性すると、コラーゲン分子同士が結びついてしまい弾力が損なわれるので、しわなどの老化が起こります。コラーゲンは鳥皮や骨などに多く含まれていて、調理の際、加熱によってらせん構造がほどけて「ゼラチン」になります。魚のにこごりや骨付き鶏を煮ると冷めたときに煮汁が固まるのがそれです。コラーゲンそのものは消化されにくいのですが、一部は胃や腸内でさらにアミノ酸1個3個の分子にまで分解されます。アミノ酸が2個のものをジペプチド、3個のものをトリペプチドと呼び、腸で吸収できるのは基本的にトリペプチド以下の分子です。コラーゲンをたくさん食べたらお肌や骨に補えるのかという人での有効性が示された研究はまだないようですし、また、12個に分解されると、他のアミノ酸とあまり変わらないと言われています。  

 残念ながら、理論的にはコラーゲンをたくさん食べたら直接お肌がぷるぷるになるということではなさそうですが、原料の補給にはなるので、要は良質のたんぱく質とビタミンやミネラルをバランスよく食べて、体内でコラーゲンを作り、いつまでもお肌がぷるぷるに保てるような食生活を心がけることが肝要だということですよね。動物では骨への一定の効果が報告されているコラーゲンの人での成果を期待したいですね!

目や口、肌の乾燥はもしかして病気のサイン?

 空気の乾燥する季節に、乾燥がもたらす身体の不調といえばドライスキン(乾燥肌)やドライアイ、ドライマウス(口腔乾燥症)ですが、これらの症状を強く訴える人の中に全身の病気が潜んでいることがあります。

  blueberry.jpg=ドライアイ=  

・目がゴロゴロし疲れやすい ・光がまぶしく感じる など 

=ドライマウス=  

・口の中が乾いている  

・食事が飲み込みにくい など  

=ドライスキン=  

・肌がかゆくてかきむしる  

・皮膚が硬く魚のうろこ状になる など    

 加齢によって汗や涙、唾液が出にくくなるためにこうした乾燥症状は年をとれば誰にも起こり、特に40代以降の女性では、女性ホルモンの減少にともなって乾燥症状が強く出ることが知られているので見逃しがちなのですが、ドライアイやドライマウスの症状を強く訴える人を調べてみると自己免疫疾患の「シェーグレン症候群」という病気が発見されることがあります。        

 初期症状は加齢による乾燥と変わりません。治療も一般的なドライアイやドライマウスと同様で、目薬の使用や、こまめにお茶などの水分を飲む習慣をつけるなどの対症療法になります。しかし、症状が進むと関節、肝臓、腎臓などの全身の臓器に影響を与えることがあるので注意が必要です。また長い間放っておくと、肝硬変や腎不全をひき起こすことがあります。  

 大切なのは早期発見です。上記の乾燥症の症状の他に、関節が腫れて痛い、微熱が続く、冬に指先が冷たくなりしびれたりする、丸いあざができるという症状があれば医師に相談してください。診断には目や口腔内の検査や血液検査、組織検査も必要なので、まずはかかりつけ医に相談して、地域の大きな病院の眼科、口腔外科、リウマチ科(膠原病化)を紹介してもらってください。     

 また、ドライスキンは体質と関連が強く、花粉やハウスダストなどに対する抗体を作りやすい人に起こることが多いのですが、糖尿病や癌などの内臓疾患で強いドライスキンが現れることもあります。日本人はとても清潔好きで日に何度もシャワーや入浴をして石鹸で身体を洗う人も珍しくありませんが、この習慣がドライスキンの原因になっています。皮膚表面の角質層にはスクワランやセラミドなどと呼ばれる体内の保湿成分が豊富にあり、乾燥から身体を守るバリアの役割を果たしていますが、遺伝的にバリアの弱い人がいて、入浴時に使う石鹸でもバリアをそこない乾燥肌を引き起こすことがあるのです。バリアの弱い体質の人は入浴時にタオルで体をこするのをやめ、毎日の入浴時に石鹸で洗うのはわきの下などだけにして、全身に使うのは週1回にするなどの対策をすると症状が改善されます。肌や目、口の乾燥は全身の状態を表すサインであることを忘れないでください。   

=乾燥状態に役立つ日常のケア=   

・バランスのとれた食生活で適正な体を維持する(ダイエットのしすぎに注意) 

・適度な運動や入浴を心がけて  

・寒さを防ぐ(寒いと血管が収縮して汗や唾液が減少する)  

・冬でも日焼け対策を忘れないで  

・精神的ストレスを避け、睡眠を充分とる

理想の髪を手に入れるために、頭皮のカサカサ・かゆみケア

  美しい髪は頭皮の健やかさから生まれます。「髪と頭皮の健康を守り、美しい髪へ」みちびくことがポイントです。特に冬の乾燥シーズンは、頭皮のフケやかゆみも気になります。「フケ」は頭皮が新陳代謝するときに古くなった角質が頭皮の表面からはがれ落ちたものです。健康な人の頭皮細胞は約4週間で入れ替わります。ところが、空気が乾燥して頭皮に水分が少なくなると、角質が頭皮にくっつく力が弱くなりはがれ落ちやすくなるのです。  

  shampoo.jpg一般的には、フケには2種類あります。一つはパラパラと落ちてくる乾燥性のフケと、頭皮表面でベタベタした塊になる脂漏(しろう)性のフケです。 脂漏性のフケは頭皮にいるカビの一種「マラセチア」が増殖して更に皮脂が増え、頭皮に炎症を起こすこともあります。また、頭皮のかゆみもフケと深い関係があると考えられています。それは、①脂を好むマラセチアが頭皮中の物質を分解して脂肪酸を出し、その脂肪酸が頭皮を刺激してかゆみを引き起こす、②頭皮の不潔な状態を放置しておくと、皮脂や汗が多量に発生し頭皮を刺激する、などのメカニズムが働くそうです。   

 フケを出さない一番の対策は「丁寧な洗髪」です。頭皮の構造は先月の記事にあるように、身体の皮膚とほぼ同じですが、長くて太い毛髪が密集しており、皮膚の潤いを保つための皮脂腺や汗腺が多くあるので、より念入りに皮脂を洗い落とす必要があるのです。

 

カサカサかゆみケア/以外に多い女性の乾燥肌

お医者様にかかるほどではないけど、冬場の肌の乾燥が気になりませんか?お風呂あがりやお酒を飲んで血行がよくなった後など、肌のかゆみに急襲されたことはありませんか?数年前から気になっていたかゆみが年を追うごとに強くなっていることはありませんか?朝起きて傷だらけの手・脚に驚いて、「もう限界」と皮膚科の診断を受けたら「老人性乾皮症」と診断されショックを受ける若い女性が増えています。老人でもないのに「老人性乾皮症とは?何故!?」しかも追い打ちをかけるように「治りません。年をとるともっとひどくなります!」と宣言されてしまうのです。「老人性」という言葉はともかく、「皮脂が十分に足りていない乾燥肌で完治の見込みがない」という症状で、ライオン生活科学研究所の調査では「肌が乾燥したり、敏感になった」と感じる30~50代女性は86%もいるとか。悪化すると治療が必要になる場合もあり、冬を快適に過ごすためには、乾燥肌を防ぐことから始めましょう。

●冬の肌はどんなふうに乾燥するのでしょうか?    

 健康な皮膚は、神経線維が走る真皮の上を厚さ0.2mmの表皮が覆っています。表皮の上層には厚さ0.02mmの角層があり、約10層の角質細胞がレンガのように積み重なったいすのです。角質細胞の中の天然保湿因子(NMF)と、細胞間にある特殊な資質(セラミド)が、水分を保持し肌にバリアを張って、潤いを保ってくれています。その外側を包んでいるのが皮脂膜で、汗腺から出る水分と毛穴から出る脂分がクリームのように混ざり合って保護膜となって、潤いを閉じ込めているのです。

 肌にとって理想的な湿度は50~60%ですが、高齢者や洗いすぎの皮膚は皮脂膜やセラミドなどの脂質が減り、角層が崩れ、保護機能や水分保持機能が落ちているのです。空気が乾燥して湿度が低下する冬季には、水分が皮膚からどんどん外へ逃げ、肌が乾燥の危険にさらされるというわけです。

●では、何故乾燥すると肌がかゆくなるのでしょうか?  

 かゆみを伝える神経は「C線維」とよばれる脊髄から皮膚まで伸びている最も細い繊維で、普通は潤い層の表皮の下の真皮にとどまっています。ところが、乾燥した皮膚の場合、角層のバリア機能や水分保持機能が失われるので、「C線維」が表皮の中まで伸びてしまうのです。このため通常ではかゆみを起こさない弱い刺激にもかゆみを生じさせてしまうのです。調査では、老人性感皮症の人の神経線維は長さ・本数ともに健康な人の2倍以上あるそうです。      

 かゆみは肌からの「乾燥」のサイン、ちゃんと「保湿」をしなくてはいけないことを「皮膚」自らが教えてくれているのです。普段から保湿を心がけましょうね。特にお風呂あがりは10分以内に、スキンローション、ミルキーローション、ボディミルクなどで、顔だけではなく手足やボディにも、乾燥肌に潤い成分の補給を忘れないで、かゆみケアをしてくださいね。  

冬に怖い「乾燥肌」の美容術

毎日がんばっているあなたの「肌のお手入れ法」に、トラブルはありませんか?冬に怖い"乾燥肌"の防止策、冬につらい肌のかゆみ対策について最新情報です。

 

朝晩の冷え込みがいっそう厳しくなってくるこの時季に、冬ならではの肌トラブルは乾燥が原因のことが大半です。そこで、乾燥シーズンに必要なお手入れ方法を紹介します。肌の表面を拡大して見ると、潤った健康な肌では溝が規則正しく並んでいて、キメが整っています。しかし、乾燥すると溝が不明りょうになったり、皮膚がめくれたりします。めくれるのは肌の一番外側にある「角質層」という部分です。ここの細胞がめくれてしまうと、「肌の内部から水分が蒸発して逃げてしまう」、「さらに乾燥が進む」、という悪循環に陥ります。そればかりでなく、有害物質や紫外線が肌の内側に入ってきて、かぶれたり、シミが出来たりといったトラブルが起こりやすくなります。

肌の乾燥が進み、代謝が落ちるこの時季は、毎日のスキンケアを見直すことで肌が格段によみがえってきます。かぴかぴの砂漠肌とおさらばしてぷるぷる肌を取り戻し、みずみずしい素肌を作りましょう!

 

▼洗顔は35℃程度のぬるま湯で

 しっとり系の洗顔料を使っているのに、肌がツッパルという方は、洗顔時のお湯の温度が高すぎるはずです。洗顔の適温は人肌程度のぬるま湯です。特に寒い冬にありがちなのが、洗顔時のお湯の温度の高い人。どんなしっとり系の洗顔料でも熱いお湯ですすげば、必要な皮脂まで奪って肌の乾燥を招くもとになります。洗顔は35℃程度のぬるま湯が理想です。また入浴時に洗顔している人は仕上げに水ですすぐなど、乾燥させない工夫をしましょう。

 

▼ピリピリ敏感肌の原因は肌乾燥です   

 健康な肌でも、寒さが厳しく風がきつい日には肌が乾いて、ピリピリするときがあります。冬場に過敏なほど肌がピリピリ感じた時には、あれこれ化粧品を使うのは、かえって刺激を与える元です。まずは肌を鎮静化させましょう。
ピリピリした刺激を感じたら、水分不足が原因で肌が過敏になっている証拠です。そんなときは、いつものスキンケアを一度休止して過敏状態をしずめ、肌力を立て直しましょう。おすすめの方法は「保湿効果の高いクリーム」を朝と夜の洗顔後の肌になじませるだけにします。肌が落ち着くまでは、ベースメイクも「パウダーファンデーション」オンリーがベストです。

 

▼スキンケアラインの見直しを

上記のような対策をしても、肌がずっと不調で悩んでいるのなら、一度、スキンケアラインの見直しをはかりましょう!

日常、きちんとスキンケアをしているつもりでも、肌が乾燥するのなら、その方法が間違っている可能性が大きいです。自分の肌トラブルの問題点を明確にして、そのアイテムを使う目的や効能などを再確認してみるべきです。お手入れ方法を立て直したら、まずは10日間じっくりと取り組めば、肌は確実に応えてくれるはずです。

 

▼外出時にはバックにミルキーローションを携帯しましょう!

肌の乾きが進行するこの時季は、日中でも脂分と水分をきっちり補いたいものです。そんなときは乳液(ミルキーローション)を携行しましょう。乳液なら、油分と水分をメイクの上から補給可能です。掌に十分なじませて、乾いた部分に押し込むようにプッシュするだけで乾燥を予防できます。またこの方法ならメイクが崩れる心配がありません。UVクリーム(シアーベースUV)も必須で常備したいケアアイテムのひとつです。

 

▼朝起きたときに眼尻の小じわが気になり始めたら・・・

 エイジングケアに待ったなし!先手必勝が重要です!!    皮膚が薄くて乾燥しやすく、よく動かす目元は老化が最も現れやすいパーツです。だからこそ早い時期に手を打っておくのが大切です。そして目元のお手入れの前には、アイメイクをきちんと落とすことも重要です。「ポイントオフ」や「メークアップリムーバー」で不要なものをきちんと落としてから「アイアテンション」などでじっくり栄養を補給してください。

 

▼冬に多いお悩みが「乾燥による全身のかゆみ」です。   

肌が乾燥すると、角質層の細胞がめくれて、異物が侵入しやすくなり、いろいろな物に反応してしまってかゆみが起こります。


☆かゆみを抑えるには、乾燥を防ぐことが重要です。
・肌の保湿成分が流れ出すのを防ぐためです。入浴はぬるめの湯(38~40度)に短時間つかることを心がけてください。長めに入浴したい人は、乾燥肌用の入浴剤(バスエッセンス)を入れると効果的です。
・乾燥によるかゆみがひどい時は、せっけんで全身を洗うのは、週に1~2度ほどにしましょう。顔やお尻などは毎日洗っても大丈夫です。肌にやさしい、弱酸性のボディシャンプーは、肌をやさしくいたわりながら、余分な皮脂や汚れを落としてくれます。
・入浴後は顔だけでなく、「ボディミルク」で肌の保湿をしましょう。

肌の老化、お肌が一番綺麗な場所は?

 美容の中で、世の女性方が、年齢を問わず関心が深いのが肌についてだと思います。いくつになっても、むしろ若い女性ほど、顔のしみやシワなど、25才を過ぎたら確実に老化するという肌年齢や肌トラブルに対する恐怖心をもっていますよね。

 あなたは、自分の肌の中でどこが一番きれいな肌かごぞんじですか?鏡を見て「私の今の本当の肌ってどんな肌なんだろう?」と疑問に思った時には、お尻の皮膚と比較してみましょう。お尻の皮膚は外気に触れることが少なく、紫外線の影響を最も受けにくいため、肌の中で最も老化しにくい場所なんです。顔はツルツルなのに、お尻がシワシワという方はいらっしゃらないと思います。また、普段から顔などと比較することで、目を覆ってしまいがちなお尻のたるみ予防にもなるんです。さっそく本来の肌を確認してみましょう!

Index of all entries

Home > ブログ > 知っ得情報!美容編 Archive

Tag Cloud
Feeds

Return to page top